TCB式小顔脂肪吸引の特徴について

こんにちは!

TCB東京中央美容外科の安本です。

早いもので、はてなブログを始めてから今日で1年が経ちました。毎月ご愛読くださっている皆様、誠にありがとうございます。2年目も美容医療の役立つ情報を発信してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします^^

 

2年目最初のブログは、「顔の脂肪吸引」についてご紹介します!

顔の脂肪吸引は、皮膚のすぐ下にある皮下脂肪を取り除いてフェイスラインをスッキリさせる小顔整形です。顔は部分痩せが難しいため、あご下や頬下の脂肪をピンポイントに除去できる脂肪吸引は、老若男女問わず人気のある施術です。

現在TCBでは、注射器型の吸引器のみで行う「TCB式小顔脂肪吸引」をご提供しています。

 

脂肪吸引というと、切開を伴ううえ、施術後に内出血や腫れなどの副作用が現れるため、怖くて施術を受けられないという方が少なからずいらっしゃいます。

そこで登場したのがTCB式小顔脂肪吸引です。切開せず、従来の脂肪吸引よりも細い針を使用するため、身体への負担を抑えて脂肪を除去することができます。

 

「注射器だけで本当に小顔になれるの?」と疑問に思われるかもしれませんが、ご安心ください。細い針を使用するため、切開を伴う脂肪吸引より除去できる脂肪量は少ないですが、狭い範囲をピンポイントでしっかりと吸引が可能です!

「身体は痩せているが、頬のお肉や二重あごが気になる」「脂肪溶解注射ではもの足りないが、整形バレは避けたい」など、自然な変化を希望される方におすすめの施術です。

 

注射器のみで脂肪吸引を行うメリットは、なんといってもダウンタイムや術後の過ごし方にあります。

従来の脂肪吸引は、術後3日~1週間程度は親知らずを抜いたときのように顔が腫れる傾向があるため、整形がバレやすいというデメリットがありました。TCB式小顔脂肪吸引なら、術後3日程度で腫れが落ち着くうえ、施術直後から圧迫バンドで固定する必要がありません。

術後ご帰宅いただく際からバレにくく、お仕事や学校の都合でまとまったお休みが取れない方も受けやすい点が魅力の施術です!

 

今月は、TCB式小顔脂肪吸引について解説しました。興味をお持ちの方はぜひ一度ご来院ください。TCB独自の脂肪吸引術で、身体への負担を抑えながら顔のもたつきを解消し、美しいフェイスラインを手に入れませんか?

 

今月のおすすめ施術

顔の脂肪吸引 | 美容整形はTCB東京中央美容外科